途絶えた夢が覚めたら
霞咲くほどの入り江

澄み渡れ 夕闇を抱いて
深く堕ちる悲しみが
押し寄せる明けない夜の中で

ほら 空に綺麗な歌声よ響いて
全て晴れるよう

此処に来て

祈れる星空の下へ

鮮やかに過ぎた愛しい日々
繋ぎ止めることできず
舟は波に乗り流れるままに進み

何時の日か戻ってくると
月は輝き続け
光の矢が舞い落ちる海

風は吹く 追えぬ速さで

置き去りにされ歪む影と
胸を締める 途惑いが
やがて消える頃 扉が開く

誘え 遥か向こう側

見えないもの 見えてくる
ただ耳を澄ます

息をしないで

静かにして

聞こえるかな

未だ知らない夢見られる
今 旅立つ術が揃う

さあ遠くまで 羽ばたいて


All Songs Written And Arranged By Juchrera