ただ思うように 無理のないように
目に見えない兆しを静かに探す

稀な望みに覚束ない手を伸ばしながら
眠い目を開けることができず雲の隙間消えた

そっと溜息ついて転た寝
気紛れに揺られる日を笑う

平静を装い合わせる足並
盛栄の鐘 素通りしながら深呼吸

不確かな喜び溢れて消えて
手に残る幽かな温もりさえも風が攫う

美空に向かう鳥とか
清けき水面に跳ね返る光
凛とする木々の佇まい
朝露が私語く調べ

覚えた全ての色で
目に見える鮮やかな日を描く

忘れた頃に届く便り
手を振る姿が浮かぶよう

密かに想い込めて


All Songs Written And Arranged By Juchrera