Forever and again

頬にたなびく風 調べに流されて
儚さと優しさを残し消えていった
岬に向かう踊る足跡
誰かが残していった想い
胸に広げるように

背中を押した風たちを見つめ呼びかけてみては
雲の切れ間からふり注ぐ光を浴びた
柔らかな温度体に伝えながら
駆け抜けたmy life ハーモニカ吹いていた

失くしたもの拾い集めながら
飛び立つ時をひたすら待っていた
羽を伸ばした鳥のように
羽ばたく日々に願いこめて

頬にたなびく風 調べに流されて
儚さと優しさを残し消えていった
岬に向かう踊る足跡
誰かが落としていった想い
胸に広げるように

たどり着けばいつも誰かの笑顔で今日で始まり
また明日ねと呟き日が暮れた日々
季節外れの肌に感じる焦りさえも
風薫る坂道の中へ消えていった

確かな願いだけ叶うこの世界では
遠回りしても手に入れたいものが
数知れずあるから いつも前を見てる

夢は形を変え目の前に降りていく
迷いなく晴れたなら君が覚えていた
心果てなく漂う景色 光に焦がされて
深く胸に焼き付け消えていった

誓い合った言葉と生まれたイデオロギー
結び付け時が過ぎる

果てしなく続く道 歩みゆく彼方へと
君に呼びかける

花の時代もいつか形を変えていく
委ねられたその手で君が変えればいい
繋がれた歌さえ響き始めるのさ
この場所で鳴るこの歌と共に

夢は形を変え目の前に降りていく
迷いなく晴れたなら君が覚えていた

見上げた空に向かう足跡 その先の向こうで
また出会える気がする 日が来る

Forever and again


All Songs Written And Arranged By M.Kusumi, A.Shimura, T.Takanose, T.Takagi